人気ブログランキング |
2010年 06月 05日
■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加
■■【秩父地区春季演劇祭「お~ぷん2」に3つの芝居で参加】
■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_15303158.jpg
▼【日時】2010年 6月5日(土)、6(日)
▼【場所】秩父農工科学高校・清心館
▼【参加団体】~秩父農工科学高校演劇部、正智深谷高校演劇部、浦和北高校演劇部、川口県陽高校演劇部、上尾南高校演劇部、川越高校演劇部、劇団天末線、劇団400,劇団SHOWの9団体
▼【劇団400の芝居】
①鉄びん9号/作「幸せの黄色い布団」(出演:根岸伸好、根岸京子、青葉みらん)---6/5(土)4時~
②鉄びん9号/作「いかがですか? 」(出演:新井逸也、新井留美子)---6/5(土)4時~   
②鉄びん9号/作「源泉2」-(出演:石井美和、江田絹代、矢島穂波)--6/5(土)4時~と6/6(日)3時~

■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_15322130.jpgいやあ~、劇団400の2回公演、軽くやっちまったッすね~。
我々劇団400のコンセプト「どんな状況にいても芝居は打てる」が、再度シッカリと証明できた感じだよね。
見る間に元気になっていったルミちゃんや、全くの芝居素人の根岸夫妻が他の芝居と見劣りしないできだったり、源泉の3人組は軽く観客を引きつけて、トリを務めてしまったり、とにかくみんな楽しそうなのが一番よかった。これからもムリをせずに芝居を楽しむ可能性が手に入りつつあるな~。

-----------■劇団400のメンバーの感想アップしときやす。

■■【感想】 新井留美子 「いかがですか?」女1
■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_15333314.jpg▼いやあ~楽しかったです!
本番は逸也先輩の存在なしでは有り得なかったですね!アハッ。感謝です!
今回、実は課題を持って実験!?に取り組ませて頂きました。
“自分の魂がワクワクする表現って一体どれだ”の実践と、日常の中で蓋をしていた“声”を復活させる事。後は、この生活の中でどれだけ出来るのか?
▼毎回、先生の鋭い指摘はビンゴ!で、リフレッシュと気づきの時間でした。“日常を引っ張るとダメだよ”とボロボロの一本の後の一言で、“切り替え”を忘れてたなと。400に関われたお陰で色んな意味での“バランス感覚”の大切さを実感しました! “やって良かった~”
▼若林先生、小池先生、公演に関わった方々、そしてそれを日々支えている沢山の方々に感謝!致します。ありがとうございました!
“また挙手させてちょんまげ!”

■■【感想】 根岸京子 「幸せの黄色い布団」女1
■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_15343796.jpg▼芝居の初体験は、お酒の席での軽いのりでした。
いざ練習が始まると それは大変で・・・ 台詞を覚えることから始まり・・・・すべてはじめてだったのでどうしていいか・・・・。顧問に言われるままにするのですが、その時は出来ても・・・一週間後にはもどってしまう その繰り返しでした。でも、芝居の現場を見る(いる)のは新鮮な驚きと楽しさがありました。
▼本番は ただ大きな声を出す、の一念で臨んだのですが・・・・、一声だすごとに、しだいに高揚していく自分を感じ、なだれ込むように幕。あっという間に終わってしまいました。興奮した体に 終わったという安心感と、充実した気持ちでいっぱいでした。帰りの車から見た空のすがすがしかったこと!
▼今回 私達のために、たくさんの皆様に支えていただきました。まったくの素人なのに、いやな顔もせず 最後までお付き合いいただいて 本当に感謝しています。ありがとうございました。
興奮がさめて 日常の生活に戻った今、あの時間は 夢のようです、

■■根岸 伸好「幸せの黄色い布団」男1      
■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_15351015.jpg▼今回はずみで突然押しかけ、参加させていただきました。
なんだかわけのわからないロートルのド素人がウロチョロしまして目障りでしたでしょうが、おおらかに受け入れて頂きましてありがとうございました。
▼さて今回の稽古は、皆さんご承知のように 私のしゃくりの矯正からはじまりました。 稽古が始まる前、台詞を覚える時に 素人のあさはかさ、朗読調で 特に出だしの長い独白のところを念入りにおぼえました。それが悲劇(喜劇?)の始まりでした。普通にしゃべる事ができず、一言一句 一挙手 一投足のダネ出しにガクゼン・混乱・ボーゼン自失。歳のせいで頭がカタイためか、それとも心がカタイせいか、言われた事への反応は鈍く、おうむ返しのやりとりで直されてもすぐに元に戻ってしまうという事の繰り返し。まいりました。いくらかまともに台詞が言えるようになり、これからやっと「芝居の稽古」というところで時間切れ 本番突入。
▼「気持ちを外へ」 「小さくまとめず大きく」などなど・・いかにも核心に触れるようなキーワードをずっと言われてきましたが、本番では、アドレナリンによってそんなこ事はすっとんでしまい・・ほぼ夢中、アッという間に終わってしまいました。どうしようもないデキではなかったようなので、「まあそれだけでも良かったか」と相方と二人して 自己満足ということにしました。
▼出番が終わった後の400の2本のコントは 解放感のなか、純粋に一観客として腹の底から笑って 楽しませてもらいました。
▼皆様には 衣装・小道具の用意から、練習場所の確保・演技指導・そして本番でのスタッフなど、なにからなにまで面倒を見ていただきました。おかげ様で とにかくなんとか本番を乗り切ることができました。
大変お世話になりました。
▼また、いつも客席から観ていた芝居の 文字どうり舞台裏をのぞくことができまして大変おもしろかったです。自分のことばっかりで すいません。  

■■【感想】江田絹代  「源泉2」女2
■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_15363268.jpg▼アッと言う間に今年も祭りが終わってしまいました・・・『おーぷん』でオイシイ思いをさせていただきすっかり味を占めてしまったので、自分の日程の折り合いさえクリアできれば今年も!!と思っていました。やっぱり『おーぷん2』も楽しかった!参加してよかった!!です。
▼前回は芝居から離れていた分カンを取り戻すのに時間がかかったり、仕事場から練習への気持ちの切り替えがスパっと行かなかったりしましたが、前回あっての今回、おかげで『おーぷん2』への導入は案外スムーズでした。セリフが入ってないと遊べないという前回の反省もあり、初練習までに必ずセリフは入れておこうと思い臨みました。ただでさえ少ない貴重な練習時間を無駄にすることなく楽しめたような気がします。
しかし情けないほど日々の疲れで凝り固まっている自分を再確認出来ましたね。練習はそれを解放出来る貴重な時間でした。公演に向かってみんなからエネルギーをもらい充電し、そして本番で発散。最後は元気になって日常に戻っていく・・・まるでリハビリに来ている感覚ですね、劇団400は(笑)
▼源泉メンバーが全員揃うことが本当に少なくどうなる事かと思いましたが、5/30全員揃っての初練習にスムーズに入れたのも、天末線メンバーに代役をしていただき次に繋げてもらえたおかげです。芝居をちゃんとやっている皆さんだけあって、台本初見なのにスンナリこなしちゃって「さすがっ!!」すごくいい刺激になりました。
▼忙しい中練習の応援に駆け付けていただき、すっかり調子に乗せてくれたり、本番前幕裏でつなぎ着て自分たちも暑いのに団扇であおいでくれたり声かけてくれたり・・・挙げだしたらキリが無いほど天末線メンバーには感謝感謝です!
▼結局本番はいろいろありましたが(!!)後で笑い話に出来るのも、やりきったと言う満足感があってこそです。本当に楽しかったです☆前回も思いましたがこれで終っちゃうのはもったいない気もしますね。
▼前回・今回と気心の知れた年代中心だったのでやりやすかったのは事実ですが、逆に違う年代のメンバーが入りづらくなってしまったら困るなぁ・・・なんて。いろんな年代が入り混じり層が厚くなると更に面白くなりそうですね。
▼今回初舞台とは思えないほどやってのけてしまった根岸ご夫妻の参加は凄くいい刺激になりました。大先輩OBの方々で上演されるはずだった『ゆずとカボス4』も見たかったし。
▼「やってみたいけど・・・」と思っているOBは是非名乗りを上げてほしいですね。「じゃあ、どうしたら出来るか?」という点を明確にすれば、また新しい400の方向性もみえてきそう。これからの展開がまた楽しみです。          ●写真は劇団400を代表して逸也先輩のマイクパフォ。
■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_1538027.jpg
▼『おーぷん2』・・・9団体参加って一体どうなっちゃうの!?と思いましたが、いい意味で予想を裏切るようないいイベントでした。年齢も環境もバラバラの人達なのに、芝居が好きという気持ちが集まって一つの方向に向かう事であんな大きなエネルギーになる。こんな事は日常ではホントに味わえないです。
▼プレ春季では見る側も面白がる気満々なのが伝わって来てすごくやりやすかったし、劇団SHOWの皆さんパワーにはホント乗っけられましたね。やっぱり若いっていいなぁ・・・(笑)
▼夜のコラボもこれまたスゴカッタ!どんな手で出てくるかわからないセリフのぶつけ合いはまさに格闘技!!ステージがリングに見えました。スタジアムとかアリーナを彷彿とさせる客席の作りもピッタリでしたね。客電が点いていたおかげでヤジも飛ばしやすく、みんなのそのヤジに乗っかってキャストが生かされたり、線から外れてどう着地するのかハラハラドキドキがたまりませんでした。思うように行かず涙する子や爆笑をかっさらって清々しそうな子、全員がよい経験だったと思います。セリフを入れて仲間に入りたかったなぁ・・・なんて見ていてチョット思ったりして・・・。丸一日使ってもいいくらいでしたね、コラボは。でも夜な夜なやってる感がまた楽しいのかな・・・。
▼何といってもあの大所帯を受け入れた農工現役の皆さんのがんばりには感動です!自分たちの事でも手一杯のはずなのに他団体をしっかりおもてなしし、しかもお土産付き!!あの集合写真、大切にします♪小池先生と現役の皆さんの御膳立てがあったからこそ、思う存分楽しむことが出来ました。本当にありがとうございました。
▼素晴らしい台本と完璧なマネージメント(笑)その他一人何役もこなして大変なはずなのに誰より一番楽しんでいた若林先生!!!いつでも戻って来られる居場所を作っていただきありがとうございます。
▼『おーぷん2』と言う大きなエネルギーの塊の中に身を置けたことで、またしばらくがんばれそうです(笑)  またリハビリしに戻ってきたいと思います!


■6/5,6~劇団4002回公演/お~ぷん2参加 _a0137810_0101530.jpg■■石井 美和 「源泉2」女1
今回私は、劇団400の「源泉2」に出させていただきました。
去年の「おーぷん」の「源泉」以来、まるっきり1年ぶりの舞台。
いやー、緊張しました。本番真っ白になりましたもん。
でもでも、楽しかった。ひたすらに楽しかったです。

実は私、去年の「おーぷん」に出させてもらって、すんごく楽しかったんですが、船橋に住んでいる事もあり、練習に通う事が、気持ちは楽しかったんですが、身体が着いていかなくて、しかも今年は転職で私生活も落ち着かなかったので、やりたいけど、どうしようかなって思っていたんです。
でも、来年どうなるかわかんないし、やれる時にやりたい。
でも、あんまり練習出られそうもない……。

これ、そのまんま若林先生に伝えました。

「今年どうこうってだけじゃなく、長い目で考えて行こうよ」って言っていただき、台本をもらってからは、
「最悪、5月30日のリハと、6月5日6日だけは丸1日空けてほしい。後は台詞さえ入れて来てくれればなんとかするから大丈夫」
って言っていただきました。

スケジュール調整の結果、リハ前に練習に合流出来るのは、5月26日のみ。さすがに不安でした。でも、清心館でみんなの顔みたら、不思議と安心というか、腹が据わって、楽しくなってきて…。
400以外の人達に、たくさんフォローしてもらって、私達は舞台に立つだけ。
私が出れない練習には、石木戸と川田が代役で付き合ってくれましたし、ホントにイイトコ取りで申し訳ないですが、こんな風に芝居が出来るなら、またやりたい。
来年も、再来年も。

私にとって、ここに来る事で、普段の疲れが取れちゃうくらいパワーもらって、また一年がんばろうって、そうゆう場になってゆくのかなって思っています。
てゆうか、ふらっと来て、コラボだけでもやれたらって、そんなのもいいなぁと思っています。
   

by tetsubin2 | 2010-06-05 23:26


<< ■7/3~「チバ組」初顔合わせ      ■5/30(火)~リハ >>